正社員登用制度を掲げる企業と考える男性

正社員登用制度ありと掲げている企業の求人を最近よく目にしますが、どういうものなのでしょうか?どれぐらいの期間で正社員に登用されるのか、どれぐらいの割合で登用されているのかなども考えておかないといけません。

WEB会議がもたらすワークスタイルの変化とは?

働き方改革が叫ばれる中、どの企業でも会議体の見直しについて一度は議題として上がっているのではないでしょうか。
会議のためにわざわざ地方から電車を乗り継ぎ、都会の喧騒をかき分けて出社し、そして会議に出席、終了と共に同じ道を通って帰宅。
よくよく考えてみれば、こんなに非効率で無駄な時間はありません。
ではワークスタイルを変えたいと思うにはどうしたら良いでしょうか。

まずはテレワークを導入し、行き帰りの通勤時間に費やしていた時間を削減することで、その時間を別の創作活動や事務処理に充てることができるというメリットがあります。
また通勤のストレスから解放されるという点も大きいです。
特に都会に行けば行くほど通勤ラッシュが毎日のストレスになるのではないでしょうか。

昨今増えている地方都市や田舎への移住を希望する方にはテレワークを導入することで、都会の喧騒から解放され、リラックスして仕事を行うことができるようになります。
ワークスタイルが変わることで心に余裕が生まれると、生活そのものが向上し、更に能率の良い仕事へと変化していくことでしょう。

テレワークで一番のネックとなるのが会議です。
通常、会議は顔を突き合わせて行うものと考えられていました。
しかしWEB会議の導入によりどこにいても会議を行うことができるようになります。
日本国内だけではなく海外とも繋がります。

経費のことを考えても、単純に、地方から都会へ出てくるための通勤費の削減につながります。
また今まで印刷していた資料も、WEBでやりとりするため、印刷コストがかからなくなります。
印刷して準備する人の人件費も削減されます。
会社にとっても、多くのメリットが考えられます。

ただしWEB会議では通信速度が良い場所でないとうまく繋がりません。
途中でノイズが入ったり、画面がフリーズするなどしてはせっかくのWEB会議の良さが台無しになってしまいます。
まずWEB会議システムを導入する前に、綿密な調査をし、どのような結果になるのかをシミュレーションしてから決定することをお勧めいたします。

WEB会議の導入は、テレワークを可能にし、今まで煩わしかった通勤時間から解放されるとても画期的な方法です。
時間に縛られていたワークスタイルから、自分の時間を大切にすることのできるワークスタイルへと変化し、今までよりも自由な提案や発想につながることでしょう。
働き方改革は、まずは働く場所の改革から。
是非WEB会議を導入し、改革を起こし、効率の良いワークスタイルへと変化させましょう。